共同利用・講習会

第138回サイクロトロン共同利用課題募集

共同利用期間:2022年10月3日から2022年12月23日まで申込締切:2022年8月23日(火)午前9時 期日厳守詳しくは募集要項をご覧ください。
プレスリリース・研究成果

視察(原子力規制庁) 

2022年6月30日(木),原子力規制庁 放射線規制部門から5名の方々がセンターを視察しました。放射線規制の担当者が放射線利用と管理の「現場」を経験することで,よりよい放射線安全行政につなげようというものです。 最初[...]
プレスリリース・研究成果

施設見学(宮城第一高等学校)

2022年6月21日(火),宮城県宮城第一高等学校の1年生11人と引率の先生がセンターを訪問しました。これは,宮城第一高校の特色である「秋桜(こすもす)探究学」授業の一環で,最先端研究室の見学を通して学問への興味・関心を高め,学習意欲や進路意識の向上を図るプログラムです。  あいにく当日は加速器が運転中であったため,センターが誇るサイクロトロン本体やビームラインの見学はできませんでしたが,最新鋭のPET装置と,歴史的お宝であるラジウム副原器を見ることがきました。(ラジウム副原器は,メートル原器の放射能版とも言うべきものです。)  その後,講義室に移動し,センターで研究する大学院生4人からそれぞれの研究トピックの紹介と大学院生の日常生活について話を聞きました。理学,工学,薬学,医工学といったバラエティーに富んだ研究分野が,サイクロトロンという大型実験装置の下で大きく発展している様子を知ってしていただけたと思います。なお,大学院生の1人は外国人留学生であり,英語でのプレゼンテーションも経験しました。質問コーナーでは,ゼミの様子などの質問で盛り上がりました。先輩たちとの交流の中で,自分の進路の具体的なイメージを持っていただけたのであれば幸いです。  あっという間の2時間でした。ご来場ありがとうございました!
What's NEW

助手(または助教) 公募案内

職名と人員: 助手(または助教)(常勤職員) 1名所属部門: サイクロトロン核医学研究部専門分野・職務内容: 本センター()は学内共同利用施設としてサイクロトロンの多目的共同利用研究を推進している。おもに学内の他部局の研究者からの施設使用[...]
新着情報

宇宙線検出器を製作・大型加速器を見学「宇宙線測定体験2022」(9/11開催)

プレスリリース・研究成果

176Ybから高純度177Luの製造/放射性核種によるがん治療に向けて — JPS Hot Topics

当センター加速器研究部の永井泰樹研究教授、伊藤正俊教授らが2022年4月にJPSJ (Journal of the Physical Society of Japan)誌に発表した論文がEditors' choiceとして注目論文に選ばれ[...]
受賞

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰の受賞

当センター核薬学研究部石川洋一助手が令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において研究支援賞を受賞しました。
受賞

日本原子力学会 関東・甲越支部 原子力知識・技術の普及貢献賞

研究者ネットワーク「Bring」の活動による植物RIイメージング技術の普及 というタイトルで、東京大学・田野井慶太朗先生、筑波大学・古川純先生、QSTの河地有木先生、鈴井伸郎先生とともに放射線管理研究部の渡部浩司が受賞しました。
受賞

東北大学総長業務功績賞受賞

当センターの四月朔日聖一助手が令和3年度の東北大学総長業務功績賞を受賞しました。
プレスリリース・研究成果

古本祥三教授(核薬学研究部)が日本核医学会賞(第60回)を受賞しました。

当センター核薬学研究部の古本祥三教授は、核医学の研究および診療・教育・管理などの分野にて傑出した業績を有し、日本核医学会の発展に貢献した者に送られる日本核医学会賞(第60回)を受賞しました。当該授賞式は、令和3年11月4日~6日に名古屋市[...]
プレスリリース・研究成果

Staff members from the Nuclear Regulation Authority visited the site  

On Thursday, June 30, 2022, five members of the Radiation Regulation Division of the Nuclear Regulation Authority v[...]
プレスリリース・研究成果

視察(原子力規制庁) 

2022年6月30日(木),原子力規制庁 放射線規制部門から5名の方々がセンターを視察しました。放射線規制の担当者が放射線利用と管理の「現場」を経験することで,よりよい放射線安全行政につなげようというものです。 最初[...]
プレスリリース・研究成果

施設見学(宮城第一高等学校)

2022年6月21日(火),宮城県宮城第一高等学校の1年生11人と引率の先生がセンターを訪問しました。これは,宮城第一高校の特色である「秋桜(こすもす)探究学」授業の一環で,最先端研究室の見学を通して学問への興味・関心を高め,学習意欲や進路意識の向上を図るプログラムです。  あいにく当日は加速器が運転中であったため,センターが誇るサイクロトロン本体やビームラインの見学はできませんでしたが,最新鋭のPET装置と,歴史的お宝であるラジウム副原器を見ることがきました。(ラジウム副原器は,メートル原器の放射能版とも言うべきものです。)  その後,講義室に移動し,センターで研究する大学院生4人からそれぞれの研究トピックの紹介と大学院生の日常生活について話を聞きました。理学,工学,薬学,医工学といったバラエティーに富んだ研究分野が,サイクロトロンという大型実験装置の下で大きく発展している様子を知ってしていただけたと思います。なお,大学院生の1人は外国人留学生であり,英語でのプレゼンテーションも経験しました。質問コーナーでは,ゼミの様子などの質問で盛り上がりました。先輩たちとの交流の中で,自分の進路の具体的なイメージを持っていただけたのであれば幸いです。  あっという間の2時間でした。ご来場ありがとうございました!
プレスリリース・研究成果

Students from Miyagi First Senior High School visited us

On June 21, 2022, eleven first-year students from Miyagi First Senior High School and a teacher visited the Center. The visit was part of the "Cosmos" Exploratory Studies class, which is a distinctive feature of Miyagi First Senior High School. This program is designed to increase students' interest in academics through visits to cutting-edge laboratories, and to improve their motivation for learning and awareness of their future career paths.  Because the accelerator was in operation that day, so we could not visit the cyclotron and beamlines, which are the Center's main attractions, but saw the state-of-the-art PET system and a historical treasure, the international radium standard source.  After that, we moved to a lecture room where four graduate students studying at the Center introduced their research topics and talked about their daily lives as graduate students. We hope that the visitors were able to experience how the various fields of research, such as physics, engineering, pharmacology, and medical engineering, are being greatly developed under the big experimental apparatus, the cyclotron. One of the graduate students is an international student, and his presentation in English provided a good experience for the high school students to feel the globalization of academics. At the question-and-answer session, the students asked questions about the seminar and other topics. We hope that the students were able to get a concrete image of their career path through interaction with their seniors. The two hours went by in a blink of an eye. Thank you for coming, future colleagues!
プレスリリース・研究成果

176Ybから高純度177Luの製造/放射性核種によるがん治療に向けて — JPS Hot Topics

当センター加速器研究部の永井泰樹研究教授、伊藤正俊教授らが2022年4月にJPSJ (Journal of the Physical Society of Japan)誌に発表した論文がEditors' choiceとして注目論文に選ばれ[...]
プレスリリース・研究成果

Towards Radionuclide Cancer Therapy /Production of High Purity 177Lu from 176Yb — JPS Hot Topics

Research professor Yasuki NAGAI, professor Masatoshi ITOH (Division of Accelerator), and their colleagues published a [...]
プレスリリース・研究成果

古本祥三教授(核薬学研究部)が日本核医学会賞(第60回)を受賞しました。

当センター核薬学研究部の古本祥三教授は、核医学の研究および診療・教育・管理などの分野にて傑出した業績を有し、日本核医学会の発展に貢献した者に送られる日本核医学会賞(第60回)を受賞しました。当該授賞式は、令和3年11月4日~6日に名古屋市[...]
プレスリリース・研究成果

Professor Shozo Furumoto (Faculty of Nuclear Pharmacy) received the Japan Nuclear Medicine Society Award (60th).

Professor Shozo Furumoto of the Nuclear Medicine Research Department of our center has outstanding achievements in the [...]
プレスリリース・研究成果

モエジマシダが猛毒のヒ素に耐えるしくみが見えてきた!
― 世界初、ヒ素高蓄積植物の根茎の役割をイメージング技術で解明 ―

モエジマシダは、有害元素であるヒ素を吸収し体内に蓄積する能力が高いことで知られています。しかし、この植物が体内にどうやってヒ素を取り込むのか、その詳細についてはよくわかっていませんでした。 東北大学の黄田毅博士研究員と井上千弘教授ら[...]
プレスリリース・研究成果

三つの陽子の間にはたらく三体力へのアプローチ

東北大学大学院理学研究科 関口仁子准教授、渡邉跡武特任助教らによる共同研究グループは原子核を構成する力である「核力」のうち「三体力」にアプローチする手法の開発に成功しました。本研究は、当東北大学サイクロトロン・RIセンターなど国内の加速器[...]
共同利用・講習会

第138回サイクロトロン共同利用課題募集

共同利用期間:2022年10月3日から2022年12月23日まで申込締切:2022年8月23日(火)午前9時 期日厳守詳しくは募集要項をご覧ください。
共同利用・講習会

The 136th Call for Cyclotron Proposals

Joint use period: From October 1, 2021 to the end of March, 2022 (tentative)Application deadline: Monday, August 23, 20[...]
共同利用・講習会

第136回サイクロトロン共同利用課題募集

共同利用期間:2021 年 10 月 1 日 から 2022 年 3 月末まで(予定)申込締切  :2021 年 8 月 23 日(月)午前 9 時 期日厳守詳しくは募集要項をご覧ください。 (別紙:CYRIC930サイクロトロン共[...]
共同利用・講習会

第136回サイクロトロン共同利用課題募集の延期について

現在、サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターでは、RI棟改修工事および貯留槽更新・地上化工事に伴う規制庁への変更申請を行っておりますが、コロナ渦により規制庁の審査が著しく遅延しております。現時点では、令和3年度前期の共同利用期間内に審[...]
共同利用・講習会

第135回サイクロトロン共同利用課題募集

共同利用期間:2020年9月14日から10月30日まで申込締切  :2020年8月18日(火)午前9時 期日厳守詳しくは募集要項をご覧ください。
共同利用・講習会

「放射線の安全取扱いに関する全学講習会」及び 「エックス線の安全取扱いに関する全学講習会」について

「放射線の安全取扱いに関する全学講習会」及び 「エックス線の安全取扱いに関する全学講習会」がオンラインで開講中です。受講案内はこちらをご覧ください。
共同利用・講習会

「放射線の安全取扱いに関する全学講習会」及び 「エックス線の安全取扱いに関する全学講習会」の開催時期について

6月15日から申し込み開始予定です。
共同利用・講習会

共同利用における新型コロナウィルス感染症対策のお願い

こちらをご覧ください 
共同利用・講習会

「放射線の安全取扱いに関する全学講習会」及び 「エックス線の安全取扱いに関する全学講習会」の開催時期延期について(通知)

標記講習会につきまして、令和2年3月12日付通知にて講義は令和2年度より ISTU(東北大学インターネットスクール)でのeラーニング講習として実施し、 申込方法及びスケジュール等の詳細な開催案内は4月中旬頃に発出予定である旨お知らせしてお[...]
共同利用・講習会

「放射線の安全取扱いに関する全学講習会(講義コース)」及び 「エックス線の安全取扱いに関する全学講習会」のeラーニング化への移行について(通知)

例年5 月と11月に実施しておりました標記講習会ですが、2020年度より、 「放射線の安全取扱いに関する全学講習会(講義コース)」と「エックス線の 安全取扱いに関する全学講習会」はISTU(東北大学インターネットスクール)での eラーニン[...]
タイトルとURLをコピーしました