CYRICにおける新型コロナウィルス感染症対策

東北大学新型コロナウィルスBCP対応ガイド

東北大学新型コロナウィルスBCP対応ガイド


CYRIC共同利用における新型コロナウィルス感染症対策のお願い

5月22日に開催されました課題採択専門委員会(臨時)で、新型コロナウィルス感染症防止対策管理体制での共同利用が承認されました。 利用者の皆様におかれましては、「 新型コロナウイルス感染症に関する共同利用停止条件についての申し合わせ(20200908) 」をご確認いただき、 下記項目を実施していただきますようお願いいたします。

  1. 全ての利用者が、利用の2週間前から利用終了時まで、「 体温・体調チェックシート_CYRIC症状1回入力ver1.2_共同利用.xlsx 」を用いて体温および体調をチェックし、また、その日の訪問場所等の行動歴を必要に応じて参照できるように記録してください。 なお、体温計をお持ちでない場合は、体温測定は必須ではありませんが、CYRIC利用当日は、CYRIC事務室に非接触型の体温計を置いてありますのでご利用ください。
  2. 利用グループの代表者の方(学生不可)は、グループメンバーが 「 体温・体調チェックシート_CYRIC症状1回入力ver1.2_共同利用.xlsx 」を用いて健康・行動歴チェックを行なっていることを確認し、かつ、 「 新型コロナ対策チェックシート 」 を用いてグループ内で新型コロナウイルス感染症対策が行われていることを確認してください。
  3. 新型コロナ対策チェックシート 」はマシンタイム時に、 加速器研究部 伊藤教授までお送りください。 「 体温・体調チェックシート_CYRIC症状1回入力ver1.2_共同利用.xlsx 」は、個人情報が含まれますので、 各グループで管理してください(感染事例が発生した場合など、参照させていただくことがあります)。

学外から共同利用に参加される方へ

東北大学のBCPレベルが2以下の場合、学外からの参加が可能となります。 ただし下記3項目を訪問前に実施し、 CYRICセンター長から許可を得る必要がありますのでご注意下さい。

  1. 所属機関の出張許可
  2. 新型コロナウイルス感染症に関する調査票.pdf」の提出
  3. 所属機関(または居住地)から東北大CYRICまでの行程表および 仙台での滞在ホテル名の提出(フォーマットは自由)

注意事項
*書類は受入担当のCYRIC教職員にお送りください。
*CYRIC滞在中は東北大学学内利用者と同様に、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行うようお願いします。


臨床PET共同利用関係者各位

当方での新型コロナウイルス感染症対策の方針が決まりましたのでご連絡申し上げます。 添付の文書にありますように、共同利用研究者、被検者ともに検査2週間前から 日々の体温や体調を確認して発熱や風邪症状がないことを記録していただいたり、 流行地域への出張滞在や感染者との接触がないことを確認していただくこととなりました。 その他の注意点については添付の文書でご確認ください。 お手間をとらせて誠に恐縮ではありますが、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました