モエジマシダが猛毒のヒ素に耐えるしくみが見えてきた!
― 世界初、ヒ素高蓄積植物の根茎の役割をイメージング技術で解明 ―

モエジマシダは、有害元素であるヒ素を吸収し体内に蓄積する能力が高いことで知られています。しかし、この植物が体内にどうやってヒ素を取り込むのか、その詳細についてはよくわかっていませんでした。

東北大学の黄田毅博士研究員と井上千弘教授ら、東北学院大学の宮内啓介教授ら、量子科学技術研究開発機構の鈴井伸郎主幹研究員と河地有木プロジェクトリーダーらのグループは、ポジトロン放出核種のヒ素-74(As-74)と植物RIイメージング技術を用いることによって、モエジマシダが根からヒ素を吸収し、その一部を根茎に蓄積させながら葉までヒ素を輸送する様子を、生きたままの状態で連続的な動画像データとして撮像することに成功しました。

この研究で使われたAs-74は当センターが連携機関となっている短寿命RI供給プラットフォームの支援により供給されました。また、このRI画像の撮影に当センターのRI実験設備とポジトロンイメージング装置(PETIS)が使われました。

(A)PETIS 実験の撮像領域 (B) PETIS を用いたモエジマシダ中のヒ素分布状態の経時変化

詳細(プレスリリース本文) PDF

問い合わせ先

【問い合わせ先】
<研究に関すること>
東北大学大学院環境科学研究科井上千弘(教授)
TEL: 022-795-7403
E-mail: chihiro.inoue.b1*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

東北学院大学工学部
宮内啓介(教授)
TEL: 022-368-7445
E-mail: kmiya*mail.tohoku-gakuin.ac.jp(*を@に置き換えてください)

量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学部門高崎量子応用研究所
放射線生物応用研究部
河地有木
TEL: 027-346-9121
E-mail: kawachi.naoki*qst.go.jp(*を@に置き換えてください)


<報道に関すること>
東北大学大学院環境科学研究科情報広報室
物部朋子(助手)
TEL: 022-752-2241
E-mail:tomoko.monobe.d4*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

量子科学技術研究開発機構
経営企画部 広報課 中 禎弘
TEL:043-206-3026
E-mail: info*qst.go.jp(*を@に置き換えてください)

タイトルとURLをコピーしました