HOME > 研究部紹介 > 測定器研究部

測定器研究部

http://inst.cyric.tohoku.ac.jp/

研究概要

測定器研究部では、大型サイクロトロン加速器から得られる荷電粒子ビームを用いて、がんへ線量集中ができる粒子線治療と、細胞選択的ながん治療を可能とするホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の高度化に関する技術的研究を行っています。さらに、低エネルギー陽子ビームを用いたParticle-induced X-ray emissionによる元素分析(PIXE分析)にも取り組んでいます。 粒子線治療研究では、高精度照射技術に関する研究、マイクロパターンガス検出器技術を応用した二次元実時間粒子線プロファイルモニター、および、ポリマーゲルによる三次元線量分布計測技術の研究を行っています。さらに、治療効果を高めるために、医学、薬学、獣医学系研究者との共同研究で、陽子線治療と新規抗癌剤を併用する治療研究を動物実験レベルで実施し、化学陽子線治療の基礎研究も行っています。BNCT研究では、CYRICにおける実験的研究と同時に、青森県量子科学センターの加速器中性子源を用いて、高精度照射技術による次世代BNCT技術開発を行っています。一方、PIXE分析では、国内のPIXE研究機関との連携体制で、医学分野および環境科学分野の試料を対象とした研究を推進しています。

測定器研究部のkey word

粒子線治療、ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)、PIXE、マイクロパターンガス検出器、ポリマーゲル線量計、中性子イメージング、RIイメージング

スタッフ紹介

 

教授 寺川貴樹

  • 原子核物理学、サイクロトロン加速器、放射線計測、放射線高度利用(粒子線治療、BNCT、PIXE)
  • TEL:022-795-7795
  • 東北大学理学部物理学科卒業、東北大学大学院理学研究科博士課程修了 博士(理学) 東北大学サイクロトロンラジオアイソトープセンター・助手、 東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻・助教授・准教授・教授を経て、現職
  • 加速器、放射線を用いた先進的がん治療技術の研究や、生物、医学、環境関連試料のイオンビーム分析研究に取り組んでいます。医工学、環境科学に興味のある方はご連絡ください。学生の皆さんの研究室、実験施設見学も歓迎します。

 

講師 原田健一

  • 量子光学、量子干渉効果、レーザー冷却
  • TEL/FAX:022-795-7796 / 022-795-7796
    E-mail:harada@cyric.tohoku.ac.jp
  • 熊本大学大学院自然科学研究科修了、JST-CRESTポスドク、NTT物性科学基礎研究所リサーチアソシエイトを経て現在に至る。
  • 原子核・素粒子物理実験室の中にあって光と原子の相互作用(物性)の研究をしています。異なった分野の融合によって新しい物理現象を調べることができますので、興味のある方はぜひ見学に来てください。

 

助教  田中香津生

  • 原子物理
  • TEL/FAX:022-795-4392 / 022-795-7796
    E-mail:tanaka@tohoku.ac.jp
  • 東京大学教養学部卒業、同大学院総合文化研究科博士課程修了後、現職。
  • 「どのようにして自分がこの世界にいるのか」という事に問題意識を抱き、基礎物理の研究を行っています。また、中等教育における理科と科学をつなげるリテラシー教育にも関心があります。興味のある方はぜひコンタクトしてください。

 

研究教授・客員教授・講師(非)  酒見泰寛

  • 原子核物理学
  • 京都大学大学院理学研究科修了、東京工業大学・理工学研究科・助手、大阪大学・核物理研究センター・助教授を経て現職。
  • 自然に潜む対称性とその破れが、変化に富んだ世界を作っているようです。現在、未知の対称性を探索中です。

 

 

助教(兼) 川村広和 (学際科学フロンティア研究所)

  • 実験核物理
  • TEL/FAX:022-795-7796
    E-mail:kawamura@cyric.tohoku.ac.jp
  • 立教大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了後、現職。
  • 物理学において知られざる相互作用の発見を目指し、基本対称性の破れに興味をもって研究をしています。

  • 教授(兼) 田村裕和(理学研究科)
  • 研究教授 織原彦之丞(東北大学名誉教授)