HOME > 研究部紹介 > 測定器研究部

測定器研究部

http://inst.cyric.tohoku.ac.jp/

研究概要

物質優勢の宇宙はどのようにして生じたのか、その機構解明を目指し、「レーザー冷却不安定原子」を用いた基本対称性・基本相互作用の研究を進めています。宇宙太古の歴史の中で、どのように物質・反物質の対称性が破れていったか、このCP非保存のメカニズムを理解するには、レプトン・クォークといった素粒子に内在する基本対称性破れのシグナル(電気双極子能率:EDM)の起源を読み解く事が鍵となります。
本研究部では、極端な原子(電荷が非常に大きい重い放射性元素など)と極端な量子状態(ボーズ・アインシュタイン凝縮など)を、大強度重イオンビームによる原子核反応と高強度レーザーによる原子冷却技術を駆使して生成し、自然からの微小なシグナル・EDMを増幅して高感度探索を行う冷却不安定原子工場を建設しています。この実験により、クォーク間やレプトン・クォーク間に伝搬する基本相互作用におけるCP非保存の起源を探ります。さらに極端な量子状態として、ボーズ粒子であるアルファ粒子が核媒質中でひとつの量子状態に凝縮した新しい原子核の励起状態(アルファ粒子凝縮状態)の存在が理論的に示唆されており、元素合成に大きく影響すると考えられています。この凝縮状態を核反応により生成し、その特異な核構造を調べています。
レプトン・クォークから原子に至る物質階層において特異な量子状態を生成し、物質創成から元素合成に至る極限量子の世界に迫ります。

測定器研究部のkey word

基本対称性・基本相互作用、核力、CP非保存、超対称性、レーザー冷却不安定原子、 ボーズ・アインシュタイン凝縮、アルファ粒子凝縮、クラスター構造

スタッフ紹介

 

教授 酒見泰寛

  • 原子核物理学
  • TEL/FAX:022-795-7795 / 022-795-7997
    E-mail:sakemi@cyric.tohoku.ac.jp
  • 京都大学大学院理学研究科修了、東京工業大学・理工学研究科・助手、大阪大学・核物理研究センター・助教授を経て現職。
  • 自然に潜む対称性とその破れが、変化に富んだ世界を作っているようです。現在、未知の対称性を探索中です。

 

講師 原田健一

  • 量子光学、量子干渉効果、レーザー冷却
  • TEL/FAX:022-795-7796 / 022-795-7796
    E-mail:harada@cyric.tohoku.ac.jp
  • 熊本大学大学院自然科学研究科修了、JST-CRESTポスドク、NTT物性科学基礎研究所リサーチアソシエイトを経て現在に至る。
  • 原子核・素粒子物理実験室の中にあって光と原子の相互作用(物性)の研究をしています。異なった分野の融合によって新しい物理現象を調べることができますので、興味のある方はぜひ見学に来てください。

講師 Umakanth Dammalapati

 

 

助教(兼) 川村広和 (学際科学フロンティア研究所)

  • 実験核物理
  • TEL/FAX:022-795-7796
    E-mail:kawamura@cyric.tohoku.ac.jp
  • 立教大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了後、現職。
  • 物理学において知られざる相互作用の発見を目指し、基本対称性の破れに興味をもって研究をしています。

 

助教(兼)  井上壮志 (学際科学フロンティア研究所)

  • スピン核物理
  • TEL/FAX:022-795-7796
    E-mail:inoue.t@cyric.tohoku.ac.jp
  • 東京工業大学理学部卒業、同大学院理工学研究科博士課程修了後、現職。
  • 原子や原子核の性質の精密測定を通して、基礎物理の対称性の破れに迫る研究に興味を持っています。

 

助教  田中香津生

  • 原子物理
  • TEL/FAX:022-795-4392 / 022-795-7796
    E-mail:tanaka@tohoku.ac.jp
  • 東京大学教養学部卒業、同大学院総合文化研究科博士課程修了後、現職。
  • 「どのようにして自分がこの世界にいるのか」という事に問題意識を抱き、基礎物理の研究を行っています。また、中等教育における理科と科学をつなげるリテラシー教育にも関心があります。興味のある方はぜひコンタクトしてください。

  • 教授(兼) 田村裕和(理学研究科)
  • 研究教授 織原彦之丞(東北大学名誉教授)
  • 准教授(兼) 寺川貴樹(医工学研究科)