HOME > 研究部紹介 > 加速器研究部

加速器研究部

http://choukai.cyric.tohoku.ac.jp/

研究概要

加速器研究部は、センターの基幹装備である2台のサイクロトロン(大型サイクロトロンと
RI製造用小型サイクロトロン)の開発を行っています。また、加速器の管理運転の責任部
門として、共同利用の根幹業務を務めています。
本センターの大型サイクロトロンは1億電子ボルトのエネルギーを持ち、ほとんどの原子
核を壊し、新たな同位元素(別な原子核)にす る能力を持っています。その能力を最大
限に発揮するために、新たな重イオンビームや中性子ビームを開発し、物理学のみにとど
まらず、医薬学、工学、農学などの広い分野で利用されています。本研究部はこの様な国
内でも有数の加速器施設を支える心臓部門となっています。
同時に、理学研究科・核放射線物理学講座として原子核物理学の研究を行っています。
サイクロトロン加速器を用いて、原子核反応や崩壊によって生成されるや放射線を測定す
ることで、
1)宇宙における元素合成に大きく影響する原子核の新しい励起モードの探索
2)原子核がラグビーボールのように変形した超変形状態など、極限量子状態の生成・消
滅機構の解明

を行っています。研究は、本サイクロトロンを用いて行うと同時に、
国内外研究機関(阪大RCNP、理化学研究所、米国ノートルダム大学、英国ヨーク大学等)
と協力し、 各地の加速器施設も利用して行っています。

加速器研究部のkey word

サイクロトロン、重イオンビーム、中性子ビーム、核構造、クラスター構造、αクラス
ターガス構造、超変形状態、 元素生成の起源、中性子過剰核、核物質の状態方程式

スタッフ紹介

 

准教授 伊藤正俊

  • 原子核物理学
  • TEL/FAX:022-795-7793/022-795-7997
    E-mail:itoh@cyric.tohoku.ac.jp
  • 京都大学大学院理学研究科修了、大阪大学核物理研究センターポスドク、 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター助教を経て現職
  • 複雑な多体系である原子核の様々な状態を調べることによって、宇宙の創成から現在に至る現象を微視的に理解することを目指しています。
    また、サイクロトロン加速器の多目的利用を推進するため、加速器および周辺技術の高度
    化にも務めています。

助教 松田洋平

  • 原子核物理学
  • TEL/FAX:022-795-7794/022-795-7997
    E-mail: matsuda@cyric.tohoku.ac.jp
  • 東北大学大学院理学研究科修了、東北大学理学研究科助教、京都大学理学研究科特定研究員、大阪大学核物理研究センター特任研究員、 甲南大学理工学部研究員を経て現職
  • 加速器研究部は加速器の運転から物理実験まで全て自分で出来る実験屋さんにとって大変魅力的な部門です。そのような環境で核子多体系や物質階層を超えて普遍的に現れるであろう現象の研究を行っています。

 

  • 研究教授:篠塚 勉
  • リサーチフェロー:新原 佳弘